おしゃれなアパレル業界で働きたい人は大勢いるでしょう。そんな人達がアパレル業界を調べるためのサイトにはいったいどんな特色があるのでしょうか?

 

Sponsored Links

アパレル派遣なびの特徴

アパレル業界で働きたいと思う人にはたくさんの出会いを見つけられる、業界でも有数
の大手サイトです。

 

1000件をゆうに超える求人の中から、勤務地、時給、ジャンル、勤務期間、果ては特徴まで絞り込んで検索可能です。さらにキーワード検索もできます。

 

人によってどう働きたいか色々あると思いますが、この業界で実績を重ねたい人、趣味の時間など自由な時間を多めにとりたい方には最適な仕事がみつかる事でしょう。

 

こだわりがあり、細かい検索も可能ですので「残業が少ない」「祝日が休み」または「シフト制」など様々な特徴をつけて検索してみましょう。

 

アパレル派遣なびはアパレル業界未経験でも可能

またアパレル派遣なびはアパレル業界が未経験な人でも登録OKです。さらに未経験の人のために就業できそうなところをリストとして表示します。

 

就業先からの要望があれば正規社員としての登用もあります。アパレル派遣なびではとにかく検索条件の範囲が広いのが特徴の一つです。

 

未経験や残業など詳細な条件を他の条件と合わせて複数の条件検索もできます。派遣会社の主な特徴からも検索可能です。

 

また働きたいエリアを指定、検索すれば自分の勤務したいエリアの仕事を見る事ができます。そして、入社が決まればその会社に在籍した日数によってTポイントがもらえます。

 

未経験で不安な方はセミナーが受けられる!

いくら未経験歓迎と記載されていてもアパレル業界に不安を抱えている人はいるはずです。そういった人達のために無料で基礎を教えてくれるセミナーに参加する事もできます。

 

そして強力なサポーターとして仕事探しから仕事の紹介まで専任のコーディネーターがサポートしてくれます。

 

また仕事に就いたらサポートは終わりというわけではなく、就業後も定期的に何か困っていることはないか?と仕事先を訪れて彼らコーディネーターのサポートは続きます。

 

現在のアパレル業界

おしゃれと仕事。女性にとっては一挙両得のような業界に見えるかもしれません。基本、接客業なわけですから売り上げの過酷なノルマがあるのではないかと心配な方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

しかし安価で大量生産されたファストファッションのようなお客様が好きに選んで買うタイプのお店は特にノルマなどないようです。

 

個人よりお店がどれだけ売り上げ目標に近づけるかを重視し、そこを目標としてスタッフ一丸となって業務にあたるという形をとっているようです。

 

しかしその体制をとるには商品の並べ方や、幅広い年齢層の人達との接客スキルなどそれなりの運用作りが必要となります。

 

アパレル業界では資格を必要としない

アパレル業界では業務をするにあたってこれが必要といった資格等は存在しません。ですから「自分には服飾関係の資格はないし」なんて感じ、アパレル業界で働く事を諦めるなんてことをする必要もありません。

 

もっとも必要とされているのは接客スキルだと思われますが、これは店のスタイル、ブランドにたいする考え方で変わっていくものですので、経験を積めば自然と体に染みついていくものです。

 

ですからもっているのにこしたことはないですが、特別な資格は必要ありません。つまり極端な言い方をすればアパレル業界で働きたいとおもってらっしゃる方はまずは面接にさえ合格できれば良いと言えます。

 

アパレル業界は年齢も関係ない

年齢も必ずしも若くないとダメだという事はありません。アラサーアラフォーといった方を対象としたアパレル企業もありますし、この業界のキャリアがあればより働き先の窓口も増えます。

 

さて、実際に働く場合、働く会社によって服装などは様々です。自由なところもあれば自社イメージを大事にしている、取り扱っている商品のブランドを大事にしており、そこの会社の洋服を着用しなければならない所もあります。

 

洋服は実費が会社からの支給かを確認しよう!

洋服を会社から支給してくれる場合もあれば、自費で購入(給与から天引き)という形もあります。しかし当然ながら日々同じ物を着続けるわけにはいかないので、それなりの枚数を揃える必要があります。

 

そういった場合は後から「こんなに費用がかかるなんて」とならないように確認を予め採用される前にとっておきましょう。

 

企業によっては店舗で勤務するスタッフ全員が同じ制服で勤務するところもあるので、事前に調査しておくことが大切です。

 

アパレル業界の休みは?

接客、サービスを業務としているアパレル業界では土日祝日は勤務でシフト制、スタッフ同士で休日の折り合いをつける、連休は少なく、元旦以外は年末年始の出勤が多い、早番または遅番など勤務体制に協力を求められる事が多いです。

 

「私は必ず土日祝日は休みたい」と思われている方はこの業界で働くのは難しいかも知れません。店によっては日曜などの祝日にお客様の入りが少ないなど、祝日も休ませてくれるところもあるそうですが、そういったお店は限られてきます。

 

アパレル業界の派遣の休み

派遣社員の場合、正規の社員ですと最近増えている主婦の勤務や子育てのために土日は休みたいといった人達のため雇用形態の融通をきかせてくれる企業もありますが、派遣社員には、その適用は厳しいのが実情です。

Sponsored Links

 

それは派遣社員というものがまず売り上げを一番に期待されている立場だからです。休日の条件等などを全て希望通りにしてもらう事はまったく無理とは言いませんが、難しいのが現実です。

 

それでも希望の勤務時間帯、勤務形態を望むとなると派遣先となる企業が大幅に少なくなると思っておいた方がいいでしょう。

 

アパレル業界の派遣の給与

アパレル業界で派遣社員として働いた場合、給与額が気になる人も多いでしょう。それは派遣会社によってかなり差があります。

 

しかしながらおおまかな相場では時給1400円前後、年収にして280万前後が多いでしょうか。派遣社員の給与は所属している企業とは関係なく、登録した派遣会社の決めた金額で業務をしている事になります。

 

アパレル業界ではこれといって特別な資格がいらないためか、比較的給与が低賃金な場合が多いですが、正規の社員に比べると高い給与をもらっている事もあります。

 

自分が会社に登録する際は他の派遣会社と給与を比較してから登録する事をおすすめします。そして、派遣社員として長年実績を積めば派遣会社側から時給アップなどの昇給を検討してくれる事もあります。

 

これは派遣先の企業が働きを認めてくれて、契約している派遣会社との金額を見直してくれ、上げてくれた場合、自身の給与が上がる可能性が高くなります。

 

アパレル業界のデメリット

デメリットについては以下が挙げられます。

・やはり立ち仕事という事で足や腰が痛くなる

・アパレル業界ですので身なりに気を使う

・精神的に辛いときでも笑顔を絶やさずいなければならない

・なかなか水分補給をする暇がない

 

しかし、ある程度は慣れの部分もあり、足の痛みは低いヒールのシューズを履く事である程度緩和されるそうです。

 

ヒールのないシューズを履くと足がむくみやすくなり、お勧めはできません。むくみ防止に寝る前は、むくみ解消専用の靴下を履くなどして対策を立てましょう。

 

水分補給が満足にできない事については接客をしている時であったり他にも多忙であったり、そのため休憩時間がとれないというのが原因のようです。

 

そのような場合はちょっとした間に、素早く水分を摂取できるようにペットボトルなどを用意して備えておくと良いでしょう。他には身なりに注意しないといけない仕事だけに美容院代などがかかると言う話もよく聞きます。

 

アパレル業界のメリット

アパレル業界で働くメリットとしては以下が挙げられます。

・接客を通じて様々な人と知り合えることや社員割引を活用して安くブランド品の服が手に入る、コーディネートのセンスが磨かれる

・服の縫製、素材の知識が蓄えられる

・「これを皆さまで」など差し入れなどをもらう機会が多い

 

人と接する仕事だけにアパレル業界の、一番の魅力は人との繋がりのようです。

 

第一にお店を気にいってもらっているというより、自身を気にいってもらい商品を買いたいと思われたお客様が来店してくれる事はとても喜びが大きいと思います。

 

そういった所もアパレル業界の魅力の一つでしょう。お客様とお友達のような関係を築ける職場だと思います。

 

アパレル派遣なびの口コミや評判

アパレル業界の経験はあるが、結婚を機にしばらく仕事から離れていた。30代女性

アパレル関連の仕事に特化したサイトだったので、基本アパレル関連の仕事が豊富に載っていました。ですので目的の仕事が探しやすかったです。

 

結婚前は長くアパレル関連の仕事に従事しており、結婚を機にしばらく働いていませんでした。アパレル派遣なびを利用したところ、仕事の担当者さんが早期で決まり、同時に仕事の方も素早くセッティングしてもらえました。

 

しばらく仕事から離れていて心に不安を抱えていたのですが、アパレル派遣なびで仕事が決まり働き始めた後も定期的に担当者の方が様子を見に来てくれ、とても信頼感を持ちました。

 

おしゃれな職場で働きたい! 10代男性

アパレル業界=おしゃれな仕事というイメージを持っていて、学生の頃卒業して社会人になる前にそういう場所で働きたいと希望していました。

 

しかしいざ探してみるとなると女性ばかりの募集でなかなか男性を募集しているところを見つける事ができませんでした。

 

しかしアパレル派遣なびを利用すると希望のアパレル業界、望んでいた勤務地がみつかりました。アパレル業界はなんといっても人と接する事が大事な仕事です。ですから社会人になる前に接客のスキル、コミュニケーション能力を磨くのに大変勉強になりました。

 

希望の職種に就くも、時給が安く悩んでいた 20代女性

私は正社員目指して、服飾系の専門学校に通いながらお店でアルバイトしていました。しかし時給が安く、自分の服もなかなか買えず経済的に苦しんでいました。

 

そしてアパレル派遣なびに登録して仕事を探す事になりました。自分の雰囲気や見た目で勤務先を紹介してもらい、自分には縁が遠かった宝飾ブランドでの接客でしたが、今までにない客層のお店で働く事ができ、接客スキルも磨けて、仕事探しのプロに任せたことで賃金も上がって本当に良かったです。

Sponsored Links