日本では高度経済成長時代はとうの昔に終わりを告げ、プラザ合意が起点になったとされるバブル崩壊を機に、今では“デフレ不況”と呼ばれる状態がずっと続いています。

 

そんな中で、にわかに社会問題として認知されるようになったものとして、“ブラック企業問題”があります。

 

蓋を開けてみると、“過労死”や“過労自殺”といった言葉が飛び交い、抜き差しならない事態が起こっていることがイメージできます。ここではその“ブラック企業問題”について、“多角的な視点”から切り込んでみたいと思います。

 

Sponsored Links

ブラック企業はどこからなの?

超長時間・過密労働

・労働基準法の適用範囲

まず、確認しておきたいことは、“労働基準法”を守らせる義務(責任主体)があり、また法律の適用を受けるのは、雇用関係が生じている“使用者側”と“労働者側”です。

 

単独で商売をやっている“個人事業主(自由業)”は、労基法の対象外になります。

 

何らかの事業を通して利益をあげている組織主体は労基法の遵守・適用対象となり、使用者側(管理監督者も含む)は法律に則った経営をしていくことが求められます。

 

・違法もしくは脱法行為を行っている

しかし、“ブラック”と呼ばれる企業はこの労基法を“無視”したり、あるいは“抜け道”を利用したりして、“超長時間労働”を労働者側に強要しているケースが目立ちます。

 

加えて、そこまで長時間を強要されていなくても、人手不足による“過密労働”で事故が起きやすい状態になっている企業も“ブラック”と呼ばれることが多いです。

 

総体的に見て、この“超長時間”や“過密”した労働が常態化している企業は、“ブラック”だと見なせる根拠として十分です(労働安全衛生法・安全配慮義務違反)。

 

なぜなら、死者や病人を出してしまう可能性が極めて高いからです。

 

労働者を露骨に“使い捨てる”

“あなたの代わりはいくらでもいる”・・・景気が悪くなれば必然的に労働力の“買い手市場”になり、“売り手”にとっては不利な立場へと追い込まれます。

 

それをいいことにして味を占め、労働条件・待遇のさらなる引き下げを行い、即戦力ばかりを求めて使えなくなった労働者を大量に吐き出しているとしたら、まさに“ブラック”です。

 

そのような企業では労働者の“人間扱い”がなされないため、過重な業務内容に不当な圧力・嫌がらせによって、メンタル面に支障をきたす者が続出します。

 

現代社会においては“うつ病”が増えているといわれますが、こうした“ブラック企業問題”も重要な一因になっているという見方ができるでしょう。

 

経営者による“善意の押し付け”がある

・一方的な価値観の押し付け

苦労しながら自ら会社を創業し、急速に拡大した新興企業によくある傾向として、“自分もこんなに苦労したのだから、社員にも同じ苦労を求める”というものがあります。

 

その創業者でもあり経営者でもある人にとっては、自分の経験が絶対だという思い込み(妄信)があるため、他の社員にもそれを適用しようという意識があります。

 

そうすることで会社は成長し、“社員に賃金アップや労働の喜びという見返りが得られるはずだ”という強い確信があって、それを押し付けるのです。

 

・付いていけない人が出るのは必定

それは一面の真実ではありますが、会社組織が大きくなるほど色々な考え方の従業員が入ってくるため、そういった価値観に適合しない人も出てきます。

 

特にオーナー社長と呼ばれる経営者は強力な権限を握っているため、それを利用して“善意の押し付け”を行う社長が社員を疲弊させている企業は“ブラック”といえるでしょう。

 

“悪意”がなく“善意”でやっているだけに、かえってたちが悪くなるものです(自分の過ちをなかなか認められない)。

 

就職する側としては、建前の“綺麗事”に騙されることなく、きちんと企業研究をした上で、自分の命を守るため、働く場所や働き方・生き方を賢明に選択する必要があります。

 

“社会的責任”に無頓着な企業

・自らの“大きさ”に対する責任の自覚がない

組織が大きくなればなるほど、それがもたらす取引先や地域社会への影響力は絶大なものとなります。

 

取引先に対しては強い立場で交渉できるようになり、その立場を利用して自社の利益拡大を最優先にし、相手を不利な方へと追い込めば、それも立派な“ブラック企業”です。

 

また、中小零細業者をつぶすことで失業者が増大し、低賃金労働者への転換が進み、地域社会の空洞化と治安の悪化をもたらす企業も、地域住民にとっては“ブラック”です。

 

・労働者以外にも害がある

これまでは“労働者側”からの視点で見てきましたが、その企業の“取引先(下請け企業)”や立地する“地域住民”というステークホルダーにも目を向ける必要があります。

 

いわゆる一部の“大企業”や“多国籍企業”の中には、上記のような企業が少なからず存在するのです。

Sponsored Links

 

“野放図”に進められるグローバリゼーションに伴い、そういった悪影響が世界中で拡大していく傾向にあるわけですが、そこで働く社員は“良心”との板挟みになることもあります。

 

ブラック企業が増加する原因

何の“規制”もないグローバリゼーション

・海外への進出

“先進国”と呼ばれる国々では物が溢れ、経済的には成長しきってしまい、“海外”へと進出しなければ多くの企業にとって利益拡大が望めないような状況になっています。

 

日本においては“消費税増税”で消費が冷え込み、“内需”が振るわない状況が意図的に作られている面がありますが、経済は“成熟”の域に達していると見ることも可能です。

 

そこで企業は人件費を抑えるために“非正規雇用”を増大させ、人件費や製造コストの安い海外へと進出して、利益の確保と拡大に努めようとします(グローバリゼーション)。

 

・一定のコントロールが必要

それ自体はこれまで発展途上国だった国々が経済的に成長する機会が得られるわけで、一概に悪いこととして否定はできません(先進国は相対的に貧困化する)。

 

しかし、そのグローバリゼーションが何の“規制”もなく、あくまで企業の利益拡大のみに行われる側面が強い場合には、様々な深刻な弊害が生み出されます。

 

また、海外へ進出する企業は、多くの利害関係者に“メリット”があることを喧伝(プロパガンダ)して、関係者を騙すことさえします。

 

“ブラック企業”と呼ばれるものは、そうした社会構造的・時代的背景やプロパガンダによる洗脳が原因となり、生み出されている存在でもあるのです。

 

法律上の不備

・残業の合法化

日本において、労基法は1日8時間・週40時間までしか使用者は労働者を働かせてはいけないと定められています。

 

しかし、“36協定”という協定を結んで労基署に提出すれば、使用者側は労働者側に勤務時間の延長(残業)を合法的に求めることができ、正当化されます。

 

あくまで“やむ負えない事情”がある場合に認められるものですが、何の事情であれ希望しない労働者にも強制させられるため、肉体的・精神的な疲労が高まります。

 

・名ばかり管理職

労基法の適用を受けるのは労働者ですが、指揮監督・裁量権限が大きく、待遇も一般社員よりいい“管理職”と呼ばれる立場の人は、労働者として見なされません。

 

ブラック企業はこれを逆手に取り、名目は“管理職”にして、実態は管理職の権限を大して持たせず、待遇も一般社員とさして変わらなくした上で、超長時間働かせます。

 

建前上は管理職(使用者側)なので、労働時間の上限や残業代は発生しないため、そのまま使いつぶされることになります。

 

“日本的価値観”の問題性

・集団主義(全体主義)的なメンタリティー

日本は神道を初めとする様々な価値観、外来の文化が混ざり合って構成されています。

 

その中には労働を“美徳”とする価値観が存在し、勤勉に自分を殺してみんなのために働く者はいいものだと(滅私奉公)、たとえ“非効率”であっても奨励する傾向があります。

 

また、自分の仕事は終わっているのだけど、他の人が残業をやっていたら一人だけでは帰りにくいと感じる、集団(世間)の顔色を気にし過ぎるメンタリティーもあります。

 

集団の“空気”を読み過ぎる傾向が強い、日本人一人ひとりのそんな気持ちに、ブラック企業は付け込んでいる面があります。

 

・個人主義との違い

ヨーロッパを初めとするキリスト教文化圏(一部の例外は除く)では、個人を尊重する価値観(個人主義・神の下の平等)が広まっています。

 

そこでは、自分を犠牲にしてまで会社に尽くそうという考え方は、主流(メインストリーム)ではありません。

 

個人主義は利己主義とは違い、自分を大事にするからこそ他人も大事にするという、真っ当な感覚を生み出しています(日本では利己主義=エゴイズムとの誤解)。

 

そして、労働は神から与えられた“罰”という宗教的な価値観もあり、できることならその“苦痛”にいそしむ時間は減らしたいという心理もはたらいています。

 

・私たち一人ひとりにも原因が

要するにブラック企業問題とは、日本では起こりやすい“土壌”が存在し、私たち一人ひとりの無意識・精神性も、ブラック企業が発生する原因の一つになっているということです。

 

上下関係を必要以上に重んじ、息がしにくくなる程の枠に当てはめ(個性の無視)、体育会系的な“根性主義”を強要する軍隊的な風潮も危険です。

 

ここに、ブラック企業だけに責任を求めるのみでは解決しない“複雑さ”があります。

 

Sponsored Links