正規の社員と同じ仕事をしていても平等に評価されない。なんて話を派遣社員の方から少なからず聞きます。

 

何かと差を感じる正規の社員と派遣社員の壁。いったいどんな差があるのでしょうか?

 

Sponsored Links

派遣社員にボーナスが出ない理由

ボーナスは強制ではない

正規社員であれ、派遣社員であれ、給与は月給・日給問わず確実に与えられます。

 

というのも、給与は働いたことに対する報酬なので、従業員が勤務している以上、適切な理由がない上で給与をカットすると労働基準法に違反することになるのです。

 

対してボーナスは、会社から社員に対しての労いを形にしたものです。労働基準法等でボーナスを付与することは義務付けられていませんので、ボーナスを与えるか否かは経営者に委ねられています。

 

正規社員にだけボーナスを付与する会社は珍しくありません。派遣社員の雇用元は、あくまで派遣会社といった点も、ボーナスの出ない要因の一つといえるでしょう。

 

派遣ならではの単純な仕組み

派遣にボーナスが支給されない理由は、派遣社員の雇用の仕組みによるところが問題となっています。

 

普通、派遣会社は自分のところのスタッフを派遣利用している会社に派遣スタッフの働いた時間にあった賃金を請求します。

 

一時間にいくらという風に単価を決めて、働いた時間に合わせて賃金を請求します。仮に一時間で1200円だとすると、百時間働いたとなると、そのまま12万円派遣先に請求します。

 

これを売り上げとし、派遣スタッフの給料(原価)を差し引いたのが粗利益です。この粗利益から派遣会社の社員の給料、広告費、光熱費を支払うのが常です。

 

派遣会社は社会保険料も支払われない

派遣先の会社は派遣スタッフを使った期間だけ時給を払うという単純なシステムだからこそ派遣社員という仕組みを利用しやすいのです。

 

派遣会社はそもそも賞与を派遣会社先に請求自体しないのです。請求してくれないのだから支払うこともありません。

 

勤務に従事した時間帯だけ払えばいい。そういった分かりやすい単純な仕組みが派遣先にも受け入れられているのです。

 

さらに交通費なり、社会保険料、ボーナスなど詳細な請求の形にすることはないと考えても不思議ではありません。

 

高い時給ではボーナス分が含まれている

派遣社員のスキルによっては正社員より高い給与を保証されている派遣もあります。

 

一般事務など1000円~程度ですが、経理事務、秘書、さらには、IT関係などは専門性高い物は時給が2000円以上になるケースもあります。

 

このような時給で、フルタイムで働ければ同世代の正社員より高い賃金が貰えている事が多々ありますつまり年に二回貰えているボーナスが高い時給に含まれているから、ボーナスが無い場合があるのです。

 

派遣社員でボーナスが支給される場合とは

通常の派遣スタイル

まず派遣会社に登録して数ヶ月きまった期間を派遣先で働く制度になります。業務については派遣先から指示され、給料は派遣会社からの支払いとなります。そして本人と派遣先の希望が合致すれば3年先まで契約を更新する事もできます。

 

なぜ3年なのかというと、労働者派遣法で「3年以上働く派遣社員は派遣先の正社員にしなければならない」といったような法律があるのです。

 

ですが、派遣先側は派遣社員を社員にあまりしたくない傾向にあり、3年経つといったん辞めてもらうなどの処置を取ろうとします。そして時間を置いて派遣として再雇用する事が多いです。

 

とにかく正社員を増やすのを防ごうとするこの行為は派遣法を悪用とまでは言いませんが、“派遣3年ルール”のせいで三年を上限に一度職を失うのです。

 

派遣社員はミニボーナスが貰える

給与は時給で決まっている事が多く、ボーナスが出る事は少ないのですが、近年登録型派遣でもボーナスを支給していると公募している会社もあります。

 

しかしながら、正規の社員が貰っているのとは形が違っており、例えば正規の社員は三ヶ月なり半年分の給与をボーナスとして支給されます。

 

派遣社員がもらえるボーナスとなると契約更新のたびに寸志程度のミニボーナス扱いで数万円を支給してくれる会社もあるそうです。

 

当然そういったミニボーナスを貰うためには欠勤なく働くことや仕事ぶりを評価されてのことになるので社員と同等かそれ以上に真摯に仕事に打ち込むべきでしょう。

 

常用雇用契約

派遣会社の正規の社員となる常用雇用型契約は登録雇用契約が決まった一定の期間を派遣会社と雇用の契約を結ぶ登録雇用契約とは違いがあります。

Sponsored Links

 

決まった期間による雇用契約ではないので、就業期間の終わり、つまり「派遣先で働いていない時間帯」があっても派遣会社から賃金が支払われます。

 

就業している時は登録雇用契約の派遣と同様に業務の指示は派遣先からもらい、給与は派遣会社から貰います。

 

契約条件にボーナスの支給が確認しよう

そこで派遣会社に“ボーナス支給の規定”があればボーナス支給や退職金が発生します。しかしながら注意したいのはあくまで派遣会社にそういう明記がされているかどうかです。

 

この契約なら必ずボーナスが出るわけではありませんので、派遣と契約する場では条件等を重要視して雇用の契約を結びましょう。

 

常用型派遣は安定感がある

常用型派遣は派遣元の社員として派遣先に送り込まれます。これを“特定派遣”とも呼びます。この特定派遣と呼ばれる勤務体系は、通常の派遣より安定感があるというところがポイントです。

 

単純に登録をする形のものとは違い、一番のウィークポイント交通費や賞与、中には退職金の支給まである企業がある事です。

 

さらに特定派遣は派遣先の会社との仕事が満了しても派遣会社と契約は続いていて給与が支払われ続けます。

 

なお、特定派遣は専門的な仕事ができて優秀な人材を臨機応変に活用したいという企業先とのニーズに合わせるべく努力しています。

 

長期に渡る大きなプロジェクトや研究、IT、生産管理のシステム、電気・機械設備の工事管理など、職人性の高い専門職ほど特定派遣は重宝されています。

 

派遣会社の制度を利用してボーナスを貰う方法 

紹介予定派遣

紹介予定派遣は派遣先に直接雇用してもらう事を前提にある一定の期間を派遣社員として業務に従事するという勤務方法です。

 

仕様期間は3ヶ月から6ヶ月で、試用期間中は派遣会社の社員、試用期間が終わると派遣先と本人の意志を確認して合致すれば、正規の社員、もしくは契約社員になれます。

 

元々、通常の派遣社員は決まっていた雇用期間が終了するとその後なんの声もかからなければそれで終了ですが、この派遣は途中から正規の雇用、もしくは契約社員となれます。

 

未経験の仕事を派遣という半ば実践的な研修として働かせてもらいながらスキルを磨き、相手方に雇用してもらえればボーナスも出るというわけです。

 

寸志という手当

派遣社員は派遣会社と派遣登録をして、希望に沿った派遣先を紹介してもらいどれくらいの期間働くかを決めてスタートです。

 

契約期間が終了してしまうと“待機”状態になります。しかし前述でも述べたとおり派遣会社に直接雇用されていて契約上彼ら彼女らは正規の社員として扱われます。

 

派遣会社に社員として雇用されているケースではボーナスと呼べるほどの額ではありませんが数万程度のお金がもらえる事があります。

 

派遣元に社員として雇われている場合は派遣先がない時期は派遣元で働く事が可能です。専門性の高いスキルや正規の社員と同様の仕事ができる事が、前提ですが派遣社員でもボーナスがもらえる事もあるようです。

 

寸志は派遣会社の好意でもらえる

額は寸志と言って、普通の企業に勤める正規の社員が貰える給料の数ヶ月分と言うほどのものでなく数万円は支給してもらえます。

 

寸志は給与の上乗せとは違います。ですから派遣スタッフと直接雇用契約を結んでいなくても寸志としてなら、支給可能になります。

 

ですが、給与の上乗せではないというシステム上、確実に貰えるというものではありません。あくまで派遣先の会社の好意という形で寸志があるという事です。

 

契約延長などによるオプション的ボーナス

また、登録型派遣でも派遣会社でなにより大事な事は優秀な人材を常に多く確保しておくことです。

 

そういった事により派遣先企業から契約の延長の話が出るケースだとボーナスという形で数万円程度特別な報酬が発生する事があります。

 

時給アップという形をとる派遣会社もありますが、モチベーションを明確に上げるためボーナスという形を取っている派遣会社があります。

 

皆勤手当または派遣業者に直接雇用してもらいボーナスを貰う!

常用型派遣では派遣会社に直接雇用してもらえるので、派遣会社の社員なわけですから会社の規定範囲内でボーナスが出る可能性があります。

 

皆勤手当ても会社によってですがボーナスほどの金額は望めないとしても寸志程度の数万円が貰えます。

 

Sponsored Links