学生から社会人になるにつれて欠かせない、就職活動(略して就活)。成功して内定をもらう若者もおれば、失敗してしまって内定を一つももらえない若者もいます。

 

現在では、自殺の原因にまでなるほどの深刻な社会問題にさえなっているこの就活の失敗。その時親は、どうやって対応してやればいいでしょうか。

 

そして本人のその後で行うべきことは・・・?今回は、就活を失敗した後で本人が行うべきこと、親が対応するべきことを詳しく解説していきます。

 

Sponsored Links

就活が失敗!その後はどうすべき?

在学中に就活が失敗して、卒業とともに就職できずにニートになってしまったというそんな方。人生に失望する心配も必要ありません。

 

就活というのは、新卒の就職率はおよそ60パーセントともいわれているほど、競争率が激しい世界なのです。つまり、世の中の就活生の4割は必ず失敗するという統計が出ているのです。

 

まずは、そういう現実を素直に受け入れて、未来に対して希望を持ちましょう。

 

まずやるべきことは、情報収集!

希望を持てるようになったら、まずは情報収集を行うようにしましょう。自分の働きたい仕事に合わせて、インターネットや求人誌、会社情報誌などを利用して、いろんな仕事を調べるようにしましょう。

 

その際に、あなたの情報収集の助けになるであろうツールを軽くご紹介いたします。

 

求人サイト

自由な時間に幅広く検索するには、この求人サイトがおすすめです。自分の希望する職種や業種もクリック一つですぐ検索ができるので、楽に多くの募集案件を見ることができます。

 

代表的な求人サイトに、DODA、マイナビ転職などがあります。

 

DODAの詳細

 

マイナビ転職サイトの詳細

 

企業情報誌

企業の情報を知ることで、その企業が倒産しないかとかを知るだけでなく、意外な仕事の種類を見つけることができます。

 

自分のやりたい仕事がハッキリとしない場合は、まずはどんな企業があるかを確認することをおすすめします。

 

そしていろんな企業を見比べたうえで、あなたのベストな就職先を見つけるといいでしょう。

 

人材紹介会社

自分のやりたい仕事を相談するのに、人材紹介会社を活用するという方法もあります。

専門分野の業界だったら何でも応えてくれる専門の相談相手に、いろいろと仕事のことや業界のことを質問して、より具体的な自己実現のイメージを築いていくといいでしょう。

 

転職フェア

就職活動をしている若者のために、転職フェアなどに参加するのも一つの手です。

 

そのフェアの場合は気楽に参加することができますが、第一印象はとても大切なので、きれいな服装で節度を持った態度で向かいましょう。

 

また、その会社の個性をザックリと見たり、業界について浅く広く見るつもりで向かうといいでしょう。

Sponsored Links

 

新聞

地元で働きたい場合は、新聞に挟まれている求人に目を通すといいです。

 

そこではアルバイトのほかに、案外正社員の募集があったりするので、わざわざネットで探すよりも気楽に探すことができます。

 

親の最適な対応とは

再びそんな就職活動を行おうと子供が頑張っている時に、親はどうすればいいでしょう。それは簡単です。優しく見守ればいいのです。そして、子供の可能性を決めつけずに、何でも挑戦させればいいのです。

 

「あんたはこんなことできるのか?」とか、「こんなのできる訳ないじゃない」などという親の発言が、意外と若者には強く響くのです。そういう決めつけるような発言や、夢を壊すような発言は絶対にやめましょう。

 

また、もし時間があれば、親自身も子供のために情報収集してやると、子供は大変助かることでしょう。親の一言によって、子供が大きな挑戦へと踏み込める勇気がわくことは結構あります。

 

たとえば、元アイドル・女優の前田敦子さんは、彼女がアイドルの求人誌を見ている時に、それを一緒に見ていた親が「やってみれば?」と声をかけられたから、内気だった彼女は一歩前へ踏み込んだといいます。

 

ですので、自分の子供の可能性を信じて、親はさりげなく見守ったり手伝ってやったりするのが理想的といえるでしょう。

 

転職エージェントに登録しよう!

そんないろんなツールがある中で、筆者が強くおすすめしたいのは、転職エージェントです。転職エージェントとは、転職を仲介してくれる業者のことです。

 

それはインターネット上でも、会員登録を行うことによってサービスを気軽に利用できる就職相談サイトがあり、そこにはやさしくあなたの夢について深く相談に乗ってくれる人たちがたくさんいます。

 

登録は無料でできて、就職の際はその企業の方からその転職エージェントにお金を払ってくれるので、会員登録は気軽にできますし、転職エージェントを利用するとあなたの悩みを共有できます。

 

自分がどういう仕事につけばいいかが分からなくなったり、自分の叶えたい夢を叶えるにはどうしたらいいかが分からなくなったときに相談する相手がいると、物事はより前向きに進んでいくものです。

 

一人で考え込まずに、ぜひ、転職エージェントに登録することをおすすめします。

 

まとめ

それでは、ここで軽くまとめを行っていきましょう。

1.就活に失敗したら悲観せずに、未来に希望を持つこと

2.就活をしている親は、温かく見守り、時にはさりげなく就活の手伝いをしたり、応援するのが理想的

3.さまざまな就活におけるツールがあるが、筆者としては、気軽に相談が無料でできる転職エージェントがおすすめ

 

Sponsored Links