失敗と思った転職、前職に戻れないの?と悩むことがあります。しかし、戻るにはどうしたらいいかわからない!

 

そこにはいくつかの方法があります。

Sponsored Links

転職失敗、前の会社に出戻りできるか?

一般的には、出戻りは厳しいのが現状です。しかし、会社を退職した方を再度雇う可能性もあります。データなどによれば70%の確率になっていますが、多数の会社では出戻りとしての制度で、再雇用を全て認めている訳ではありません。

 

ほとんどが個人と企業の関係性で特別的に戻るということに理解を示しています。なので、全ての方が出戻りに対して成功しているのではありません。

 

会社側の制度次第

あくまでも特例として、知識や能力などがある人材や勤務態度や退職時の理由などを、検討したのちに企業との関係が大事になります。

 

しかも、円満に退職という形は最低限必要になります。あとは、会社側がルールに出戻りに不可という条件が無いことです。

 

その他としては、少ない件数ではありますが会社の規則のなかに再雇用のルールが設けられていることがあります。

 

例えば、何年以内(期限付き)までなら在籍中であった同じ条件や職場での復職が認められている場合もあります。

 

なので、退職する前に再雇用の有無などの規則や条件なども確認をしておくことが大事なことです。出戻りは厳しいといわれていますが、会社にも出戻りという形の考えがさまざまです。

 

出戻りを歓迎している会社もある

出戻りを歓迎する会社もあるのは事実です。何故なら、スキルなどのレベルup、戻ってきたいという意味で働きやすい会社と認めているなどの理由があります。

 

出戻りをしやすい会社や職種があります。とくに営業職などは、かなり高い数字がでています。営業職には人脈があるので営業職のレベルが高いほど会社側としては、歓迎して出戻りを許可しているとこもあります。

 

職種の中では、特殊技術などを持って退職してしまい、出戻る場合です。何故なら、特殊な技術は教えるにも時間が掛かり、コストも上がってしまいます。戻ってきたら前職での部署で採用され待遇なども変わらないのがほとんどです。

 

関係者とのつながり次第

以前の会社に出戻ることができる可能性が高いのは、前の職場の同僚・上司などの声が掛かる場合があり、出戻りを成功させているケースが多いです。

 

転職を失敗したので戻りたいというのではなく、転職先の待遇があまり良くない状態にある立場を知り、前職での働きを評価して声をかかる場合の方が、出戻りを成功させやすくなっています。

 

したがって、職場の評価、受け入れ体制があることで、会社側の出戻りを了承する可能性が高いのです。最近では、SNSで前の職場の関係者などとも連絡を入れあったりすることが増えています。

 

以前よりかは、出戻るということができますが、転職先のアピールをし、前の会社の悪口などを言うなどすると、出戻りをする可能性が低くなります。

 

転職先で仕事が続かない場合

他には、転職先での仕事が続かなかったと思われ、もし条件に良いとこがあればいつでも転職すると思われ、前職での評判が悪いイメージがつきます。

 

また、出戻りでも同僚との関係が悪化している場合にも注意が必要です。同僚とのコミュニケーションが取れない、職場での評判が悪いなどに関係し、イメージが良くありません。

 

それと、役職や立場などが変化しているので、在職中より雰囲気が変わっている場合があります。上司などにゴマすり、取り入られたケースもあります。人事部などに知り合いがいれば、お願いするなどもあります。

 

出戻り可能なケースとは?

出戻りができる可能性はさまざまですが、それでもいくつかの共通点が挙げられます。それに、出戻りできやすい企業や職種もあります。

 

○必ず出戻り禁止(絶対条件です)がないことを確認する必要があります。ほとんどの会社では禁止はありませんが、まれに大手企業で出戻り禁止という制約があります。

 

○出戻り先の上司からの声が掛かり、再就職のケースがかなりの数があります。上司からの出戻りのほとんどの意味では、即戦力に期待することです。即戦力になることで、会社の貢献度も上がりやすく、会社の利益にもすぐに結果でるので成功するケースが高いです。

 

○出戻り先の同僚からの口利きで、戻れるケースも多いです。しかし、同僚なら誰でもいいという訳にはいきません。部署の中でも少しでも役職の高い位置になるほど、影響力があり成功するケースも上がります。なおかつ、戻れた場合には、前職での部署などが多く待遇もかなり良い可能性があります。

 

○出戻りの可能性が高い職種としては、技術系・営業系が多くなっています。やはり、個人のスキル・知識などが高ければ、必要な人材となるので成功するケースが大幅に上がります。

 

○最近では、新入社員が入っても長続きしないなどの理由で、人手不足が続き新しく入ってきても経験を積むまでに時間がかかる、教える時間を省くことができるとして、出戻り採用の評価が高くなっている企業もあります。

 

○出戻りが成功したとしても強い精神力も必要になります。何故なら、良好な関係を築いている同僚もいれば、そうでもない社員もいます。なので、強い覚悟で望む必要があります。

 

○出戻りの場合には、会社への忠誠心が上がる場合があり、さらに貢献できると認められると、戻りやすい可能性があります。

 

○病気などで退職したが、良くなって戻れる可能性があります。この場合は上司や同僚などが、理解を示してくれるので戻れる可能性が高くなります。

 

○両親の介護などの理由で離職したが、復職できる状態になって戻りたいと思い、上司などに相談でき職場でも好印象だった場合には、戻れる可能性も高くなります。

 

○退職する際に、上司などに辞めることを必死に説得され、それでも円満に退職して転職先を数カ月で辞めた場合などは、すぐに前の上司に相談すれば、戻れる可能性もあります。

 

○自分が戻る決断をした場合には、電話を直接掛けて戻れるかどうかを聞くなどもできます。それには、円満に退職できたことが必要になります。

 

○転職サイトや転職エージェントを利用して、出戻りできるかどうかを確認すれば転職先での在職中からでも活動ができます。出戻りできるなら、そのまま転職サイトや転職エージェントに頼み、転職先を円満に退職できるように相談することもできます。

Sponsored Links

 

出戻り転職の失敗例

出戻りの前や直ぐには人間関係なども、やっていける覚悟を持っていたのですが、一回は別の会社で働くことによって、矛盾が生じてきてしまい、精神的にきつくなることもあります。

 

特に人間関係の変化があり、前まではチームワークも取れていたと思ったが、出戻りの為に、陰口などを言われる様になってしまい、居場所がなくなってしまい辞めてしまったなどのケースもあります。

 

人間関係は仕事の上で一番大事なので、出戻り転職の場合には、確認するべきです。

 

本人の希望によって戻った場合には、会社側からの思いと違い、色んな待遇が下がってしまう傾向があります。それによって、経済面での無理がでてきてしまうこともあります。

 

それと、前職での配属から変更される可能性もあり、未経験の部署に配属になるケースもあります。

 

出戻り転職の成功例

出戻りを決断し成功させた例も沢山あります。数年経って役職についた方もいます。特に営業職は、数字の上げ下げがわかりやすいので、頑張って会社に貢献し出世できた方も多々あります。出戻りで評価が低かったとしてもプラスになれば出戻りも成功といえます。

 

これは、引き抜きや中途採用ケースにあたりますが、退職の際に何回も引きとめられていて、それでも円満に退職して転職した先でも活躍し、なおかつスキルも上げて前職とのコミュニケーションも取っているなどの場合は、再度戻ることはできれば、高いポジションの可能性もあります。

 

出戻りの方が、多く考えていることは前の会社に戻りたいという気持ちを誰に話をすればいいのかを迷うパターンが多いです。

 

その場合には、仲が良い同僚が助けてくれるはずです。話ができる同僚に、今の状況や自分の想いを話せば必ず動いてくれて、可能性もかなり高くなるはずです。

 

出戻りできる可能性が高い例

出戻りできる可能性が高い例もあります。これには、自信のプライベートで問題が生じ、仕事と両立できず退職せざるえない場合に限ります。

 

例えば親を介護しなくてはいけない状況や大けがなど、女性の場合は出産により退職して、子供が大きくなったので出戻りが認められるケースもあります。

 

この場合は、同僚からの理解も得て、上司からも復帰することを認められる場合もあります。それ以外にも、会社の状況も詳しく知る必要があります。

 

離職して数年経てば職場の状況もかなりの変化があるはずです。それを把握し出戻りした場合に、役に立ちます。あとは、戻りたかった気持ちを忘れずに強く持つことが大切です。

 

転職サイトや転職エージェントも利用しよう!

他にも、転職サイトや転職エージェントを利用して、色々な相談をし、年密な計画を立ててから行動に移して成功させるパターンもあります。

 

転職サイトや転職エージェントは出戻りを成功させるスペシャリストも沢山います。失敗例もかなりの知識があるので、どのように動けばいいかをサポートしてくれます。

 

前職への「出戻り」は慎重に検討しよう

会社の貢献度が高く評価も高いと、判断されれば出戻りの転職もでき転職先でスキルが向上していれば、なおさら出戻りでも、評価が高くなり出戻りできる可能性も広がります。

 

しかし、退職した事実は無くなりませんし、前と同じ待遇で採用されるかはわかりませんので、転職のリスクはかなり慎重に行うことが大事です。

 

なので、簡単に退職してから転職活動するよりも、在職中に転職活動を行うことが大事です。失敗をしてからでは遅いので、在職中に転職情報を調べていたりして現在の状況を把握するべきです。

 

そうすることで、金銭面などの負担も軽減されます。そのかわりに、転職に掛ける時間が少なくなりますが、転職フェアや転職サイトを利用することでも、時間の短縮に繋がり行動できる時間が増えることができます。

 

それによって、さまざまなパターンを模索できます。

 

会社で問題を起こして辞めた場合

前職の出戻りには、会社側として受け入れるには、時間やコストをかけずに即戦力になるので、歓迎して迎えてくれる会社もあります。

 

他の会社の転職を経験したので、前の会社の良いとこがわかる場合もあり、戻りたいという気持ちにもなります。なので、一度就いた職場での安心感があるので、一つの選択肢にもできます。

 

ただし、問題があって辞めた場合には、再度戻るとまた問題が解決しない場合には、退職する可能性も考えておく必要があります。

 

出戻りをしても待遇面が下がることもある

とにかく情報が、必ず必要になります。上司や同僚と仲が良ければ聞くことができます。そんな繋がりがなく本人の意思で戻る決心をした場合には、転職サイトや転職エージェントを利用して、情報を得るなどして、出戻りを慎重に行うことが必要です。

 

何度も、出戻りや退職を繰り返してしまうと今後の転職の際に不利になってきます。それ以外にも、経歴に傷がついてしまいます。そうならない為にも慎重に考える必要があります。

 

本人が戻りたいという気持ちだけだと、会社側からの条件は厳しくなり、一般の転職と同じ扱いになり、給与や待遇が下がる可能性があります。

 

もう一度、前職を辞めた理由と転職先を辞めたい理由を考える必要がでてきてしまいます。

 

出戻りが成功しても辞めしまう可能性も

出戻りが成功したとしても、自分が思っていた人間関係に亀裂が入り、実力を発揮できなくなり会社を再度辞めてしまう場合もあります。

 

出戻りを快く歓迎してくれる人と、あまり歓迎していない人もいます。そうなると、精神面がきつくなり退職する場合もあります。再度、戻って辞めない為にも時間をかけゆっくりと考えることも必要です。

 

そう考えてみると、出戻れるパターンも色々ありますが、戻っても辞めてしまうパターンも色々あるようです。若年層なら転職を繰り返すこともできますが中高年になると、転職を繰り返してしまうと、「直ぐ辞める、使えない」というイメージが付き、面接官にも印象が悪くなり再就職も難しくなります。

 

やはり長く勤めることが大切なので、一人で考えにくい場合には無理せずに、転職エージェントを利用すればカウンセリングなどもできます。

 

それで、エージェントと相談しながら前の会社に戻るか新しく会社を探すかを考えて、自分に合った会社を検討することが大切となるでしょう。

 

Sponsored Links