みなさんは自分の給料と他人の給料にどれだけ“差”あるかを知っていますか?20代の内ならまだ挽回のチャンスがあるということで、そこまで気にならないかも知れません。

 

しかし、30代も半ばを過ぎる頃、その差は埋めがたい程の“格差”となります。

 

会社に就職したばかりの20代若年層の間でも、正規社員・非正規社員、大卒・高卒、大企業・中小企業といったように、それぞれの軸で収入にある程度の差が既に生じています。

 

Sponsored Links

30代半から給料格差が!?

20代正社員は年収平均323万3000円程になりますが、非正社員(契約・派遣・バイトなど)では年平均203万円程となります。

 

これは、月単位の給与水準で見るとあまり変わりませんが、正規社員には年に2回位のボーナス(賞与)があるところが多いためです。

 

最終学歴や会社の規模でも年収格差が広がる

一方、最終学歴や会社の大きさで見てみると、大卒で大企業の正社員の場合おおよその年収が400万円程、これが少し会社の規模が小さくなるとおおよそ270万円程と、同じように大学を卒業していても、会社の規模でこんなにも年収が変わってきます。

 

さらに収入の差に輪をかけるものとして、歩合給など仕事の成果や実績が給与の額に明確に反映する仕事内容や、男性と女性の性差も加わってきます。

 

ちなみに大卒・高卒も含めた20代の平均年収は298万5000円(リクナビネクスト調査)です。
ではこれが30代も半ば頃になるとどうでしょう?

 

言うまでもなく、正社員・大卒・大企業と非正社員(学歴関係なし)・中小企業の間で差が最も激しく開き、その差はもはや埋めがたいまでの差という意味で、「格差」と呼べるものです。

 

30代半ばになるとさらに収入格差が広がる!

前者の場合は年平均600万円程で、後者の場合は20代と同じく、年平均203万円程です。年収にして実に400万円近くの差が、30代半ばにして存在しています。

 

これは先ほど書いた通り、年2回位のボーナス(賞与)が正社員にはあることに加え、経営が安定した大企業の正社員ならではの“定期昇給”というものがあるからです。

 

定期昇給(略して定昇)とは従業員がその会社に勤めた回数や実際の年齢などによって自動的に給与が上がっていく制度です。

 

不景気でも大企業はまだ安泰

長引く不景気によってこの制度を維持している企業は少なくなりつつありますが、大企業の間では未だに維持されている会社も存在します。

 

こういった制度があるため、20代で既にあった給与の開きが30代の半ばになると、取り返しがつかない程大きくなります。
自分がもし、40代でリストラされるという悪夢を考えたことはありますか?先行き不透明な世の中では、誰もがその危険性に見舞われる可能性を持っています。どんな現実があるか見ていきましょう。

 

40歳でリストラされるのは悲惨!?

10代や20代・30代前半までの年代ならいくらでもやり直しがきくし、年齢が若いということで体力や気力、成長の見込みがあると思われ、また即戦力になることも期待されるので、高望みしない範囲において就職しやすい傾向があります。

 

そのため、景気悪化によって経営環境に厳しさが増し、勤めていた会社からリストラ(経営を立て直すためのクビ)されたとしても、“次があるから”と何とか前向きになりやすいものです。

 

しかし、これが40代という壮年から中年になろうとする時期に起こってしまったらどうでしょうか?一般的にその年代は家族に対する責任が重くなっている人が多いことでしょう。

 

多くの場合、子育ての真っ最中であることが考えられ、家計収入の減少(もしくは無収入)では死活問題となり、配偶者にもっと働いてもらうか、下手をすれば生活保護になります。

 

そうでなく例え一人身であっても、中年期にさしかかった人を雇ってくれるところはあまりないので、厳しい現実が待っています。

 

正社員の地位から転落すると這い上がるのが難しい

また、一度“正社員”という地位から転落してしまっては、再び正社員として復活できる可能性は低いです。それに、今まで長年勤めてきた大企業でプライドが大きくなっていて、急に解雇されても頭の切り替えがなかなかできません。

 

その会社では通用していたことでも、他の会社では通用せず、即戦力となること叶いません。そして仕方なくアルバイトをしようとしても、雇う側は若い人を主に採用するので、バイトですらなかなか決まりません。

 

例え採用になったとしても、一回り以上の下の人達とチームワークを組む必要があります。そのときに邪魔になるのは今まで培った“無用のプライド”であり、社交的かどうかの性格も関係してきます。

 

体力的にもプライド的にも新しい職場で不安

プライドが高過ぎず、気さくで社交的な性格であれば新しい職場でもうまくやっていけるでしょう。

 

逆にそうでなければとても苦労します。その他にも、年齢的に体力が多かれ少なかれ低下していますから、新職場で体力が付き直すまで、慣れるまで苦しい思いをします。

 

就職の際、年齢的には青年から壮年になる手前の、30代半ばまでがギリギリのラインです。それまでだったら採用してくれる会社はそれなりにあるでしょう。

 

30歳半ばまでなら未経験でも採用される

中途採用で期待されるものは“即戦力”です。30代の前半ならやったことがない仕事であっても、今まで勤めた会社で業務経験を積んできているし、体力もまだ十分にあり頭も柔らかく、新しい仕事を早く吸収してくれるだろうと判断され、何とか採用してもらえる可能性があります。

 

下手に10代や20代の若者を採用するより、ある程度の社会経験を積んだ30代前半位の人を雇った方が、“手堅い”と考える企業も中にはあることでしょう。

 

若年者は社会的な経験がまだ乏しく、未熟な精神で考え方も定まっていないために、中途で無断退職をしたり、すぐに辞めてしまったりする“傾向”があると判断されるかもしれません。

 

企業によって判断基準が異なる

若年者に注目するか、ある程度の経験豊かな人に注目するか、それは各企業の判断基準があるため一概にはいえませんが、30代半ば位までなら採用の可能性が十分にあります。

 

若年層に共通する点は、若年であるがゆえの将来的な成長への期待です。30代前半位の人が未経験の仕事にチャレンジする上で大事なるのは、新しい仕事を覚えようという「熱意」です。

 

30代半ばが未経験でも採用されるコツ

それまで培ってきたスキルやキャリア、取得した資格など、そのような特定の仕事の技術的なことは未経験の分野では通用しません。

 

それよりも社会経験を通して身に付けたマナー、新しい仕事を一から覚えるときのやる気と謙虚な姿勢、部下や後輩に対する指導の仕方、しっかり働いて給料を受け取るという仕事に対する責任感など、どこにいっても通用する普遍的な事柄をきちんと実践していくことが大切です。

 

当たり前のことをちゃんとやれば、すぐには無理だとしても新しい仕事は順調に覚えられます。景気の悪い世の中では求職者間での競争率が高まります。

 

不景気ゆえに採用枠が狭められ、人材が厳選されます。そんな中にあって、30代後半から40代にかけての人たちの転職事情が厳しくなる具体的な理由を見ましょう。

Sponsored Links

 

30代半・40代を超えると転職が厳しい理由

日本ではもう20年以上にわたって不景気が続いています。景気がいいとき企業は人手不足に悩み、とにかくたくさん人を集めて働いてもらいたいと思うでしょう。

 

そのため採用基準が緩くなり、年代も幅広く採用される傾向が高まります。しかし昨今のように、一部を除いて全体的に不景気の時代では採用人数が少なくなり、それが少なくなった分、企業では数多くの応募者の中から選ばないといけません。

 

そこで企業側はより優秀な、より即戦力となるような人材に絞り込もうとします。いわゆる“買い手市場”というもので、企業で働いてくれる“労働力”という名の商品を、買う側が有利に値踏み品定めできる状況になるのです。

 

そうなってくると、30代半ばを過ぎて後半に入った人や、40代になって青年期から壮年期に入った人は、それよりも若い年齢層に比べてどうしても不利になります。

 

若い年齢層が採用されやすい理由

まずは何といっても年輩者よりも若年者の方が、新しい仕事を覚えるのが早いというのがその理由です。

 

人は年齢と共に、物事に柔軟に対処する能力であるとか、何かあってもすぐ問題に対応できる瞬発力、環境へ適応する力や記憶力・体力など、様々な能力が若年者と比べ劣ってくる傾向はどうしても避けられません。

 

特に仕事を覚えるスピードが遅いだろうと判断されるのがネックです。次に、若年者よりも年輩者の方が社会経験豊かで、豊富な知識や知恵を有しているといっても、企業側が求めるスキルや能力にマッチングしなければ、採用の動機付けにはなりにくいという現状があります。

 

未経験の分野は特に若者が優遇される

異業種・異職種で畑違いの仕事をするときは、即戦力にはならないと見なされ、それよりも未来ある若年者が優先されてしまいます。

 

若ければ長い目で見たときに成長する余地が大きく、将来的に企業の重要なポストに就くような人材になるかもしれません。年輩者は中途で採用されてもそう長く企業にいられるわけではありません。

 

そんな30代半ばを過ぎた人たち、40代に入っている人たちが就職活動を行うにあたり、大切なことは何でしょうか?

 

30代半・40代を超えると実績が大切!?

若年者では将来性・伸びしろなども重視されますが、中途採用には“即戦力”が求められる傾向にあって、30代半ば・40代に突入した人にはそれが顕著になります。

 

ですから何もスキルがない、資格がない、積み上げて来た実績がない、というのでは採用が厳しくなるでしょう。

 

今まで全く経験したことがない仕事への挑戦はできるだけ控えた方が無難です。それでも挑戦する場合は、資格の取得が有効です。異分野へのチャレンジではなく、同じ業種・職種への就職では「実績」が重要です。

 

それまで勤めていた会社で実績を積み、仕事の全体像から細部にわたる理解までできているなら、次に就職する会社でも即座に戦力となるからです。

 

仕事の内容が分かっているのですから、会社側としては一から教える必要がなく、飲み込みも早いために大変助かるでしょう。その分教育にコストをかけることなく、それでいて会社の利益に貢献してくれるのです。
ある程度、年齢を重ねた人が就職をするとき、武器となるのは「職業訓練」「資格」です。就職に向けて心強い武器となるものについて説明します。

 

資格をとる転職に有利!?

・職業訓練で資格と経験を得る

30代半ばから40代にかけての人が就職するとき、その仕事に関する技能や知識を持っていると、有利になるのは間違いありません。逆にいえばそれがないと厳しくなります。

 

職業訓練とは、原則として雇用保険に加入している被保険者が受けられる訓練で、離職してから受けるものと、在職中にも受けられるものがあります。

 

これらは一定の期間行われ、活用することで就職に必要な知識や技能を身に付けられ、就職できる可能性を高めることができます。

 

・職業訓練を受ける方法

管轄している機関はハローワークなので、そこに問い合わせることで申し込み方法などの詳しい情報を得られます。そこでの訓練を活用することで、実戦さながらの経験と資格を取得でき、その経験と資格を活かせば就職活動に展望が開けやすくなります。

 

年齢を重ねた人でも取りやすい資格はたくさんあります。ただし、実際の就職につながらないような資格は避けるようにしましょう。年齢を考えると時間的な余裕がありません。

 

30代半・40代を超えても稼げる資格

人手不足からくる業務の大変さなどから離職率が高く、常に人材を募集している業界の一つに「介護・福祉業界」があります。

 

「介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)」や「介護福祉士」などの資格が有利

介護の基本的な事柄はハローワークの職業訓練で習得できます。高齢者を相手にする仕事なので、ある程度の人生経験を積んできた30歳代半ばから40歳代の年齢層には適しているといえるでしょう。

 

資格を取ればすぐに就職できる可能性が高いですが、自分がこなせる程度の仕事内容かどうか、施設によっても待遇や働く環境が違う可能性がありますので、よく確認した上で就職するようにしましょう。

 

「マンション管理士」「マンション管理業務主任者」という資格

こちらは自分が高齢になっても、末永く働き続けることのできる仕事に就けるということで、主に40歳代の人に評判の資格です。

 

試験の内容としてはそれほど難しいわけではありませんが、それゆえに若干競争率が上昇してきています。習得にはハローワークの職業訓練にて可能です。

 

3つ目は「電気工事士」

年齢に関わらず働くことができ、独立開業もできるこの資格に、再就職を賭ける人は珍しくありません。

 

専門的で技術的な仕事で、これもハローワークにて講座を受講することによって習得への道が開かれています。

 

4つ目は主に女性の間で評判の資格に「ファイナンシャルプランナー」

金銭の管理や計画的な使用など、顧客にアドバイスする仕事ですが、独立開業ができる可能性を含んだ資格です。

 

この資格を所持していれば就職先の幅も広がるため、内容がやや難しいのにも関わらず、40歳代に入った女性には人気となっています。

 

5つ目は「医療事務」

こちらも女性に人気の仕事で、一般の会社の事務職となると年齢を重ねてからの転職は厳しいですが、医療機関が行う事務については就職できる可能性があります。

 

この業界は全体的に人手不足気味なのと、30代半ばから40歳代の人を採用してくれる見込みがあります。競争率は少し高めですが、チャレンジする価値のある資格です。

 

上記以外にもたくさんの資格(タクシー運転手など)がありますので、よく調べて取得すべき資格を選択するようにしましょう。

 

Sponsored Links