転職回数が多いせいで、無理ではないかと考えてしまうかも知れません。年代別で比較すると、正確に把握することができます。

 

転職回数が多いほど気にしてしまいますよね。採用側も転職の回数は気になるとこです。では、気にする回数とは、何回までのことをいうのか考えていきます。

 

Sponsored Links

データで見る!転職回数は何回までなら問題ない?

・1〜2回での転職回数なら問題なしと考えて大丈夫です

結果としましては、1〜2回ならあまり気にしてはいないようです。転職の回数の多さは年齢と共に差がでてきます。転職回数の調査をした結果によると、約8割以上の方が1回は違う会社に勤めている結果となっています。

 

また、1割以上の方が5回以上の転職を経験しているそうです。なので、単純計算で考えてみると1人で2回の転職を経験していることになります。

 

会社側も転職の理由によりますが、1回での転職は気にしないそうです。

 

・20〜30代では年齢が増すごとに転職回数が、多いと思われる傾向にあります

転職の回数は歳が増えていくほど回数も増えていきます。20代での転職回数が2回以内なら気にしなくてもいいです。30代では3回以内の転職まで気にしなくて良い数字です。

 

しかし、あまりにも回数が増加すると転職活動にも注意が必要になってきます。しかし、40代以降は、回数がバラバラなために、数はあまり気にされないようです。

 

各年齢別では

○20代=6割以上が少なくとも1回以上の転職を経験しているそうです。(転職未経験希望も多い)

○30代=8割の人が転職を経験している。1〜3回の転職が平均的に並んでいて、2割前後です。しかも、6割以上の人が1〜3回の転職を経験している状況です。

○40代=回数にばらつきが多く、全年代での転職経験者の割合が高く、8割以上と最も高い数字になっています。

○50代=5回以上の転職が多く2割以上を占めています。転職率も8割以上と非常に高い数字になっています。

○60代=職を変えている人が約8割と、50代と同じ状況です。

 

転職回数だけをみると40代以降からは、回数の多さは気にされない傾向があります。若い世代ほど、特に転職回数の多さが気になる傾向にあります。

 

転職回数が多いほど転職成功率が下がった例もある

どれだけの人数が(大手転職サイトの登録者の中で)転職先を見つけられたかを調査した結果を表しています。成功率は転職回数で変化がありました。

 

・24才以下=他の年代に比べて転職回数が2回になると、成功率の落ち幅が大きくなります。3〜4回でも少し低下していきます。

 

・25才〜29才=2回目だと少しの低下になり、3回目の落ち幅がかなり大きくなります。年齢の差で、成功率が変化することがわかります。

 

・30才〜34才=2回では25〜29才と平行線ですが、3回になると少しずつ下がるようです。

 

・35才以上=全ての年代で、2回が1回を上回る結果になり、3回以降は下降線の一方です。

 

24才以下、25才〜29才の年代が、転職回数が多いほど転職の成功率が下がっていきます。

 

何故、35才以上が2回の転職の回数が多い理由として、これまでの実績やスキルなどの経験を積み、それからの転職になります。

 

ひとつの会社に働き続け他の会社の社風を知らないより、1回の転職経験がある方が、柔軟性があると評価される傾向です。なので、人事が考えるには、魅力を持ち合わせていると思うからです。

 

面接をする際に転職を気にする回数があります。転職サイトの調査によると、若手世代では2回以上、中高年なら3回以上の転職回数があると会社が気になるという報告があります。

 

若手世代の転職は回数よりも理由が重要

若手世代では、経験を積む期間に転職となると身につかないままの退職と考えられ、回数が少なくても厳しい評価になる傾向があります。

 

しかし、転職や退職の理由が会社側の納得する場合に限り、回数の多さでイメージが悪くなることはありません。

 

理由によりますが、在職していた会社の経営状況の悪化や倒産、などでは本人の意思ではなく、会社側の理由として捉えられ影響があまりないようです。

 

リストラでは、能力や貢献度が足りなかったのか・会社側の問題でリストラとなると変わります。そこは、面接の際にはっきりと伝えることが大切になります。

 

転職回数が逆にプラスに見られる?

転職回数だけを見ると、成功率もわかりますが退職した理由を考えると、回数が多いことでもさほど問題ないように思えます。

 

その他にも近年、グローバル社会や情報社会ともいわれる様になり、いつでも新しい柔軟な発想が求められるようになっています。なので、多くの会社を経験してきた転職者の人を活力的に思える会社も数が増えてきています。

 

メディカル系・クリエイティブ系は転職回数が気にされにくい

メディカル・クリエイティブ系は転職回数の多さが気にされにくい職種になります。回数の多さが問題ない理由として、技術系などは人材不足で、どの企業も悩まされているのです。

 

メディカル・クリエイティブ系は専門的な知識が身に付くほど、4回以上でも高い成功率になっています。技術を高める為のステップアップを図る為に早くからの転職をする人が多いのです。

 

メディカルでも特に薬剤師・看護師などは非常に人手不足なので退職や離職をしても、すぐに再就職先が見つかるので、転職成功率が高いようです。

 

逆に転職回数が多いと成功率が下がる職種などもあります。それは、専門性の低いと思われる職種=営業・販売・サービス系です。

 

「転職回数が多い人は取りたくない」本当の理由

今までのデータによると、20代は2回以上、30代は3回以上で多いという判断になります。そして、転職の回数で成功する結果が変わってきます。

 

今回は、「採用する側が何故、転職回数を気にするのか」採用担当が回数を気にしている理由を以下掲載していきます。

 

【定着できない】と思われる

短期間に転職を繰り返すのは、ジョブホッパー(転職を繰り返す)と思われ採用しても長い期間、働かず離職すると考えられるようになります。

Sponsored Links

 

当たり前のように転職を繰り返していると、仕事の壁などにぶつかったりすると、相談したり解決しようともせずに、退職(逃げる)という選択をしてしまうのではないかと思われます。

 

そうなると、会社側としては、責任ある仕事や仕事を教えるということが無駄な労力と思い不採用になるケースもあります。

 

【ストレスの緩和】に不安がある

例えば、上司などが少し怒ったり文句を言うと、必要以上に落ち込んだり不安になったり関連会社からの強い口調で要求されたりすると、悩んでしまうと思われてしまいます。

 

転職回数が多いと協調性やストレスを緩和することができないと問題視されるようになります。社会人になると会社内でも理不尽なことがあります。それを、我慢する心の強さも必要となります。

 

【キャリアの統一】が気になります

職種をいくつかに変更している場合には、「本人の職種には理念がない」と思われがちになります。しかも、同業種でも転職回数の多さで「一人前の仕事ができていない」という感じに思われてしまいます。

 

さきざきに、会社の利益になるような働きをしてくれるのかという事になり、悪い印象を与えてしまいます。

 

転職回数の多さをデメリットにしない履歴書の書き方

これまでのことを見ると、転職回数の多い人に対してはネガティブ思考が強いという印象を持つ採用担当者もいる上で、転職の多い回数をどのようにしてメリットに持って行けばいいのかを考えてみます。

 

転職の回数は絶対に伝える必要があります。しかも、転職の回数の多さをメリットの印象を与える志望動機や自己PRをいかに上手く書くことが、書類選考の通過するポイントになります。

 

今までの自分の経験やスキルを良く考えて、書く際には、下記のように伝えられるように考えることが必要になります。

 

履歴書のポイント

・在籍した会社内で、特に人より優れた技術やスキルがある

・これまで退職や転職の理由にポリシーなどがある

・失敗しても次に生かすことができ、希望する業務でのイメージがある

・違う環境にも適応する能力が高く、職場などにもすぐ馴染めることができる

・自分の人間性には全く問題がない

・会社側の問題で倒産・家族間の問題内容、やむなく退職したので回数が増えてしまったなど

・同じ職種の転職回数が多い場合は、その積み上げてきたスキルの高さを強調できるようにする

・職種が違う場合には、次に生かせる多角性を強調できるようにする

・転職の回数が多くても履歴書の職務歴は全部、書くことが大事です

 

このように、さまざまに色々な経験をしてきたことを、いかに書いて伝えるのかが大切になります。

 

プロの目線からアドバイスを貰うと良い

回数の多さをデメリットからメリットとして、捉えてもらえるように書くには、転職エージェントを利用して、書くこともできます。それにより、回数が多くても気にならないようになります。

 

他には、短い期間の会社を書くのを省いたり、特に短い期間を別の会社の勤めていた期間に増やしたりすると、偽りの履歴書になる為に経歴を詐称したことになります。

 

なので、プロからの目線でみてもらうことによって、回数の多さをメリットにかえることができます。

 

自己PRで転職回数をプラスに変える方法

今まで転職の回数が多い場合には、豊富な経験や幅広い視点や多彩なスキルを身につけています。その経験をアピールしながら、転職してきたポリシーを貫き通してきたことを伝えることが大切です。

 

面接の際には何故、退職したのか・回数の多さを指摘されますが、その質問をチャンスに変えることができます。

 

それは、これまでに経験を積み上げてきたこと・スキルの高さを説明ができ、将来的にはどのようにして、会社に貢献できるのかを伝えることができます。

 

それにより、会社をすぐに辞めるつもりはないことを、アピールできる場となります。転職の回数の多さの理由を聞かれた際には、これまでの転職してきた考えをポジティブに伝えます。

 

転職回数をプラスに変えるポイント

○これまでに転職活動をした一貫性やキャリアアップに対しての考えをアピール

○全て前向きな考えを話し、ネガティブなことは話さない

○今からどのようにして会社に貢献するのか、長く勤めたいということを伝えることが大事です

 

転職の面接の際には、必ず退職した理由を聞かれますが、回数が多くなるにつれて、これまでの退職理由を、事細かく聞かれる可能性もあります。

 

たとえば、人間関係や待遇の問題であっても、今後の働く姿勢などの前向きな理由を伝えるようにすることです。

 

退職理由をプラスに変えるポイント

○今後として、どんな仕事に就きたいかを説明

○前職では、やりたいことがどうしてできなかったのかを説明

○たとえ本心であることでも、相手や会社の悪口は言わない

○今度は、長く勤めたい・仕事のやる気をアピールする

 

自己PRで転職回数をプラスに変える方法は、とにかく焦点を絞って整理して、どのようにして伝えるかを考えることが大事です。しかし、本人ではわかりにくい場合は転職サイトなどを使うと便利です。

 

転職が多い方は、慎重に活動をすることも重要なことです

回数の多さだけの問題ではありませんが、転職活動は本当に難しいです。自分のライフスタイルに合った会社や職場を探すには時間を掛けることも大切です。

 

なので、転職先を決めずに辞めたりすると、次の職を探すまでのブランクがあいたり、焦りが生じて希望する会社では、ないとこを受けてしまい辞職してしまうパターンもあります。

 

そのためにも、自分の経歴などを再認識し、時間をゆっくり使い自分に合った会社を探すことも重要です。

 

Sponsored Links